ネット限定、送料は1回のお買い物につき500円(税抜)。8,000円(税抜)以上のご購入で日本国内指定エリア送料無料

「EPA発効記念セール」

EU加盟国とのEPA(経済連携協定)発効を記念して 「EPA発効記念セール」実施!

ワイン類輸入時の関税が撤廃される「EPA」の発効を記念してお買得セールを実施中。※店舗とは取扱い商品が異なります。

「EPA発効記念セール」実施中

EPA(経済連携協定)とは?

EPAとは「Economic Partnership Agreement」の略で2か国以上の国や地域の間で、自由貿易協定の要素(物品及びサービス貿易の自由化)に加え、貿易以外の人の移動や投資、政府調達、二国間協力等を含めて締結される包括的な協定をいいます。

今回注目されているのは、「ワイン・チーズ・バター・肉類」に代表される様々な食料品にかけられている関税が撤廃、もしくは段階的に下がっていく事で、今までより安く買えるようになります。

中でもワインは、2019年1月末まで1本(1L換算)あたり価格の15%か125円のどちらか安い方の関税がかけられておりましたが、2019年2月1日から、これが即時撤廃されることから、その効果は非常に大きくなります。

また、EU加盟国から日本市場が身近になり、市場が活性化し流通量が増えると予想されており、今までには無かったワインが日本へ輸入してくる事も考えられます。

EPA発効記念セール 目玉商品

「EPA発効記念セール」実施中

より多くの恩恵を受けるワインは?狙い目は1,000円〜3,000円代とスパークリングワイン

フランスやスペインなどに代表される高級ワインは実はあまり恩恵が得られません。なぜなら、元々の仕入れ金額が高い事もそうですが、高級ワインもデイリーワインもかかっていた関税はほとんど一緒でした。

しかし、デイリーワインが安くなるかと言えば、こちらも昨今の物流費の高騰などで、赤字すれすれの状態の他、かかっていた関税が元々多少低かったので、思っているほど安くはなりません。

そこで、狙い目なのが1,000円〜3,000円代のワインとスパークリング。この価格帯は物流費の高騰を抑制でき、関税が価格に比例して高く(※特にスパークリングワイン)かかっていました。今後の市場活性化による輸入量の増加予想に伴い、EU各国からの仕入金額も下がると期待されます。今回のEPA発効の恩恵を受ける最もお得な価格帯です。

EPA発効記念キャンペーン おすすめ商品