thegrenlivet_07.jpg

『オンラインショップ限定』ザ・グレンリベット 14年 コニャックカスク・セレクション

thegrenlivet_02.jpg

コニャックカスクという『独自のフィニッシュ』

■クラフトマンシップ

ブレンドの一部のフィニッシュに厳選された高品質なコニャックカスクを使用したウイスキー。ザ・グレンリベット本来のスムースでフルーティーな味わいそのものとコニャックカスクがもたらす味わいを見事にバランスよく調和させる匠の技。


■ユニークな味わい

リッチで孝行なフレーバーは、コニャックカスクに由来する熟成たレーズン、ハチミツそしてスパイシーな香りと、特徴的スタイルでもあるスムースなシトラスのフレーバーとの融合によって生まれます。


■テイスティングコメント

香りは、甘くフルーティーなアロマから、ほのかなスパイス香へと続きます。熟した桃、梨、シロップ漬けのマンダリン、チョコレートをまとったレーズンを思わせる味わいが口の中で広がり、驚くほど甘く、スムースな余韻が続きます。

〜ザ・グレンリベットの詳細〜

thegrenlivet_01.jpg

“THE”のつくシングルモルト

政府公認の蒸留所第一号となったグレンリベット蒸留所は、生み出されるウイスキーの評判の高さから、「グレンリベット」の名前のみならず、ウイスキーのスタイルまでも他の蒸留所に模倣されました。


模倣者達との長い年月にわたる争いの後、1884年についにジョージ・スミスのグレンリベットが唯一のグレンリベットであるということが認められ、定冠詞の“THE”をつけた“THE GLENLIVET”と名乗ることが許されました


ラベルは、ザ・グレンリベットが持つ特徴の一つ「スムースな味わいのウイスキー」を表現する曲線を活かしたデザイン。

ザ・グレンリベットを構成する要素

thegrenlivet_03.jpg

■全てのシングルモルトの原点

1824年、創業者 ジョージ・スミスはザ・グレンリベット蒸留所をスコットランド政府公認蒸留所の第一号としてスタートさせ、ブランドの礎を築きました。フルーティーでフローラルなウイスキーのスタイルは、スペイサイドのウイスキーの代名詞となりました。

thegrenlivet_04.jpg

■ミネラル分に富んだ、マザーウォーター

蒸留所の土地から湧き出る『ザ・グレンリベット』のマザーウォーターである「ジョシーズ・ウェル」。この特徴的なミネラルを豊富に含んだ硬水がウイスキーの味わいを特徴づけています。


thegrenlivet_05.jpg

■厳選された熟成樽

ザ・グレンリベット蒸留所では、他の蒸留所と異なる特徴として、シェリー樽の使用比率が低く、バーボン樽の使用比率が高くなっています。シェリー樽のように風味(特に甘さ)や色のつきやすい樽の比率を抑えることで、『ザ・グレンリベット』の特徴的なポットスチルが生み出す繊細なフレーバーとフルーティーな味わいを活かしています。

thegrenlivet_06.jpg

■背の高いランタン型のポットスチル

ジョージ・スミスによって開発された、背が高く、幅広で、ランタン型の特徴的なデザインのポットスチルは、スピリッツの出来に多大な影響を与えています。長く優美なネックにより、より多くの銅との接触が起こり、繊細なフレーバーや複雑なフルーティーさを生み出しています。