伝統的な製法と最先端の技術が紡ぐ 洗練されたパフォーマンス

tomillar_00.jpg

ビルヘン・デ・ラスビニャスのラインアップ

tomillar_01.jpg

伝統と最先端技術のシナジー

ビルヘン・デ・ラスビニャスのワインの生産地、ラ・マンチャ地方は、世界最大級のぶどう栽培面積を誇ります。


1961年創設。以来、伝統的な製法に加え、2002年より並外れた設備投資による技術革新により、品質および工場の業績を大幅に向上。


最先端の技術で、スペインのワイン製造業界のリーダー的存在の一つとなりました。現在では、その高い安定感と生産力により、世界5大陸で愛されているワイナリーへと成長しています。

『ビルヘン・デ・ラスビニャス』ワイナリーの特徴

tomillar_02.jpg

■世界に誇る最先端技術

ブドウが納入されると直ぐにモスト(果汁)に処理され、後にワインとなります。醸造のプロセスは完全に制御、自動化されており、高く評価される高品質の製品を生産することができます。

畑から醸造所に納入されるブドウは、産地毎の識別カードにより原産地が明確に識別されるため、納入工程およびトレーサビリティ管理は自動化されています。

tomillar_03.jpg

■ワインの醸造

ブドウおよびモストは工程全体にわたって適切な温度で維持され、低温で発酵が行われ、清潔かつ素直で健康的な製品を醸造することができます。

大量のモストを洗浄する優れた能力の最新技術を有しており、モスト(ワイン)の酸化を防ぐ素晴らしい施設を備えています。異なる品質のモスト毎にタンクで特別なマイクロ・マクロ酸素化が行われています。

tomillar_04.jpg

■熟成施設

既存の技術に加え、最先端の接触濾過技術が近年導入され、巨大な容量の容器を使用し、最適条件でワインを保管するように常に準備されています。

ワイナリーには、3000平方メートルという広大なの熟成施設を持っており、アメリカンオークとフレンチオークの合計 8000以上の樽で、ワインに適切な湿度および温度条件で熟成が最高の状態で保管されています。

tomillar_05.jpg

世界最大級のワイン産地

スペインのラ・マンチャは、世界的にも有名な『ドン・ キホーテ』の伝説と冒険の舞台です。


広大なブドウ畑を所有し、幅広い高品質の製品を提供しています。砂壌土と石灰質土壌が優勢な地で、高多孔性で透過性のある耕作しやすい土地であるため、気象条件と共に優れた品質の成熟したブドウを栽培できます。


冬季は最低 -12℃、夏季は最高 45℃にまで達します。この寒暖差の大きさこそが、ブドウに活力を与え、高品質なワインを生み出すのに欠かさない要素となっているのです。